UAE史上最悪の交通事故発生!

f0100050_2161583.jpg先日、早朝6時過ぎのこと。アブダビ~ドバイ間を走るシェイク・ザイード・ロードで大きな交通事故が発生しました。(写真はCNNより拝借...同じ写真がGCCの多くの新聞の一面を飾っていました)

この日、現場では濃霧が発生していたらしいのですが、先頭で発生した交通事故に後続の通勤車が次々と追突した模様。その中で燃料漏れによる車両火災が発生し、事故の規模が拡大したようです。当地の新聞によれば「車200台が関連し、8名死亡、300名以上が負傷」とのこと。CNNの報道によれば「車60台」だそうで...まあアラブの報道は結構大げさだったりするのが普通ですが、UAE史上最大の交通事故であったことは間違いないようです。例によって出稼ぎさん達の通勤バス(通称、奴隷船)が数台入っていたために負傷者の数が多かったようです。

どうやら事故に関連した車の何台かは「法外な速度超過、もしくは深刻な法規違反を犯していた可能性が大きい」そうで、現在警察が捜査中とのこと。確かに、現場は私の知る限りアブダビ~ドバイ間で最もスピードが乗る場所の一つですので、可能性はあると思います。制限速度は120km/hなのですが、後ろから抜いていく高級車の多くは200km/h以上出ていると思われる状況が日常茶飯事の場所なんですよ。幸い、この事故に関連した日本人はいなかったようです。

これまでは違反行為をしても罰金さえ払えばお咎め無しだったUAEにも、3月1日からついに交通反則点数制度が導入されました。違反の種類毎に反則点数(ブラック・ポイント)が細かく定められており、点数が24点に達する毎に免許停止と車両の使用禁止が言い渡されます。また、累積点数が100点に達すると免許が取り消しとなります。

要注意なのは、大きな点数の違反行為は罰金が定額でなく「裁判で判断」となっていることです。一応、法治国家であるUAEには国際的にも認められた憲法・法規がありますが、「イスラム社会通念上問題あり」とされる案件はシャーリア法(イスラム慣例法)に基づき断罪されます。石打ち刑ムチ打ち刑などは、実は現在のUAEでも実施されているのですよ。
違反点数表を最初に見た時、「薬物を使用しつつ運転=24点」となっていて、正直「まだまだ甘いじゃん...」と思ったんですが、考えてみればそういう事なんですな。GCCの多くの国では、ドラッグ所持=石打ち刑=死刑、でございます...
[PR]
by enjoydubai | 2008-03-16 02:45 | 日々の暮らし


<< 改めて考える、サウジアラビアという国 ドバイの冬 >>