<   2008年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ドバイの冬

日本は例年に無い寒さのようですが、皆さんいかがお過ごしですか?

ドバイはいいなぁ、常夏で...と言われそうですが、ドバイにも冬はあります
1月から2月にかけては、ドバイでも朝晩は20℃を切り17~18℃くらいまで下がります。今年の冬は例年より気温が低く、数日間は16℃前後まで下がることも。そうなると、ちょっと半袖では寒いです。しかし、ドバイ生活をする上で長袖の私服が必要なのはほんの数日間。そのために買うのもなぁ...と思っていたら、もう日中30℃の気温に戻っちゃいました。いやぁ、短い冬だったなぁ。

f0100050_2441379.jpgこれは、我が家で寒い時期にだけ発見される、ワンモナイト。夏場にはあまり見られない貴重なモノです。夏にはウナギイヌが発見されますが...
[PR]
by enjoydubai | 2008-02-24 02:48 | 日々の暮らし

まだまだ通院中

f0100050_5331477.jpg我が奥様の胃痛の続きです。

CT検査の結果が「異常無し」であり、ひとまずホッとしたのも束の間、今度は検査前に注射した造影剤(主成分はヨード)に強いアレルギー反応が出てしまい、後日に夜間急患窓口のお世話になることに。
完全に問題が解消するには、もう少しかかりそうです。快方には向かっているようですので、ご心配なく。
[PR]
by enjoydubai | 2008-02-09 05:50 | 日々の暮らし

ドバイ病院事情

ドバイには、今でこそ設備の整った大きな病院が複数ありますが、つい10年ほど前は健康診断ひとつにもロンドンに行かねば満足な診療が受けられなかったのです。中東全域でみると、こと医療に関してはまだまだ後進地域であると言えます。

f0100050_3373834.jpgそんな中、昨年末から妻が謎の胃痛に襲われており、ドバイ市内のAmerican Hospitalに通院しております。American Hospitalは、その名の通り米人・米国の大学卒の医師を集めたドバイ有数の高級病院。アル・カイーダ総帥、オサマ・ビン・ラディン氏もCIAと不仲になる以前に入院していた事がある有名病院です(ちなみにCIAの幹部が足繁く見舞いに通っていたそうな)。
ドバイ在住の日本人も、高度医療が必要と思われる症状や出産などについてはよく利用しています(というか、そのレベルで信頼できる病院はココ以外にはまだ無い)。

で、我が妻の症状ですが、年始に胃カメラを飲むも異常なし、ただ超音波検査で腎臓に影が見えるとのことで、急遽CT検査を受けることになりました。「恐らく腎臓に結石があり、胃痛はその影響だろう」との事。
コレは一大事ということで、本日は仕事を休んで妻の引率に。いつもは私の休業日である土曜日に診察を入れているのですが、今回は悠長な事を言っている場合ではありません。

結果...
幸い、臓器には異常無し。ひと安心...が、では胃痛の原因は??
当面食事内容に気を付けながら様子を見ることになりました。慣れないドバイ暮らしから来るドバイ飽き飽き症候群だったりして??
冗談はともかく、海外での通院は何がタイヘンって、医療英語がサッパリ分かりません。技術系英語なら大丈夫なんですがねぇ...コレは、毎回引率している私にも結構なストレスです。我が家では英語は基本、私の担当なのですが、こと通院中においては元看護師である妻の方が単語の理解度が高いですなぁ。

それと、今回の検診は当地で加入している保険が利いているので大丈夫でした(自己負担は総額5千円ほど)が、全額負担だったら検診だけで軽く30万円をオーバーしています。コレ、ドバイでは人口の大多数を占めるブルーカラー出稼ぎさんたちにはとても払える額ではありません。ドバイにも国民健康保険制度は存在しており、市中のローカル病院で簡単な医療を受ける分にはほぼ無料なのですが、American Hospitalのような高級病院は一般保険の対象外なんです。我が家の場合は、こういう場合に備えて会社が民間の保険に加入しているので大丈夫だったのですが、ドバイの会社が皆こうだというわけではなく...多くの場合、ある程度以上の規模の会社以外は、出稼ぎさんたちのために雇用主が懐を痛めてまでこの種の保険に入るケースは皆無に近いです。

もちろん、金の問題ではありませんが、海外では怪我・病気をしないに越したことはありませんね。家族揃って健康第一、です。

<追記>
私自身も、ドバイに赴任早々、食事中に銀歯が外れ、それを飲み込んでしまいました(涙)。義歯については民間の保険も全く利かず、また当地にはセラミック義歯しか存在しないため日本の保険も対象外で、結局自腹で12万円ほど払ってドバイで歯を作ってもらいましたよ。たかだか歯を入れるために帰国するわけにもいきませんから...
[PR]
by enjoydubai | 2008-02-06 03:41 | 日々の暮らし

管理人からお知らせ

趣味の話題(主にバイク)に関しては、別のBlogに場を移しました。

そちらはドバイ・中東の話題に限らず幅広く、偏見もあり、思い込みや勝手な言い分もありの何でもアリの方針で好き勝手に書いています。

自動車市場を学ぶ側面や、文化人類学的な側面からは全く見るべきものの無いオタク趣味ブログですが、お好きな方はぜひどうぞ。

http://dubairider.cocolog-nifty.com/blog/
[PR]
by enjoydubai | 2008-02-03 04:29 | 日々の暮らし

アラブ女の子事情

日本に帰る前に「甥っ子や姪っ子にお土産を」と思い、ドバイのモールに買い出しに行った時のこと。

アラブ人は子だくさんで、かつ子供を大事にする(甘やかす)文化ですので、おもちゃ屋はどこのモールでも必ずデカイのが何軒も入っています。まぁ子供のおもちゃはどこの国でも大差なく、品揃え自体は日本でトイザらスに行くのと大差ありません。

甥っ子にはラジコンカーを。(ラジコンヘリ、とも思ったが我が弟の不器用さに配慮し見送り。上手く飛ばせないと、パパの面目丸潰れだもんね)
さて、姪っ子には...

まだ小さいので、お人形がいいかな?着せ替えモノはまだ早いかなぁ...などと奥様と相談しつつ見ていたのですが、ココでしか手に入らないモノを発見!

f0100050_005768.jpgバービーちゃんもどきの、アバヤバージョン!!これはちょっとレアかも。おままごとはパパ・ママの日々の暮らしをお手本にするのが基本だとすれば当然なんだろうけど、これはどうなんでしょう?
事実に忠実にと思えば、アバヤの下はバリバリに過激?いや、それよりもっと腹まわりに横幅を持たせないと!う~ん、それじゃアラブのお嬢ちゃんの夢を壊しちゃうか...
などと勝手に脳内ワールド全開にしてしまいましたが、それまでは「イスラム教徒は偶像崇拝禁止の教えの延長で写真に撮られることも嫌う人が多いし、アバヤを着たリアルな人形なんてどうなんだろうね?」と聞いていたので、こんなのがあるとはちょっと意外でした。結局、コレは買わずに「欧米仕様」のPOPなお人形を購入しましたよ。どちらも好評だったようです。

あ、この内容ではタイトルに偽りアリですね。なので追記。アラブの女の子は、10歳ちょっとくらいまでは普通に洋装です。「女の子の日」がやってきたら、アバヤに身を包んで家族以外の人前では顔や肌を隠すようになります。男の子たちは小学校に上がるかどうかぐらいでオバQになっちゃいますけど。UAEに暮らすアラブ人は南ヨーロッパの血が入っているので、アラブの女の子の顔や出で立ちは南欧の女の子たちに良く似ていますよ。
[PR]
by enjoydubai | 2008-02-02 00:14 | 日々の暮らし