まだまだ通院中

f0100050_5331477.jpg我が奥様の胃痛の続きです。

CT検査の結果が「異常無し」であり、ひとまずホッとしたのも束の間、今度は検査前に注射した造影剤(主成分はヨード)に強いアレルギー反応が出てしまい、後日に夜間急患窓口のお世話になることに。
完全に問題が解消するには、もう少しかかりそうです。快方には向かっているようですので、ご心配なく。
[PR]
# by enjoydubai | 2008-02-09 05:50 | 日々の暮らし

ドバイ病院事情

ドバイには、今でこそ設備の整った大きな病院が複数ありますが、つい10年ほど前は健康診断ひとつにもロンドンに行かねば満足な診療が受けられなかったのです。中東全域でみると、こと医療に関してはまだまだ後進地域であると言えます。

f0100050_3373834.jpgそんな中、昨年末から妻が謎の胃痛に襲われており、ドバイ市内のAmerican Hospitalに通院しております。American Hospitalは、その名の通り米人・米国の大学卒の医師を集めたドバイ有数の高級病院。アル・カイーダ総帥、オサマ・ビン・ラディン氏もCIAと不仲になる以前に入院していた事がある有名病院です(ちなみにCIAの幹部が足繁く見舞いに通っていたそうな)。
ドバイ在住の日本人も、高度医療が必要と思われる症状や出産などについてはよく利用しています(というか、そのレベルで信頼できる病院はココ以外にはまだ無い)。

で、我が妻の症状ですが、年始に胃カメラを飲むも異常なし、ただ超音波検査で腎臓に影が見えるとのことで、急遽CT検査を受けることになりました。「恐らく腎臓に結石があり、胃痛はその影響だろう」との事。
コレは一大事ということで、本日は仕事を休んで妻の引率に。いつもは私の休業日である土曜日に診察を入れているのですが、今回は悠長な事を言っている場合ではありません。

結果...
幸い、臓器には異常無し。ひと安心...が、では胃痛の原因は??
当面食事内容に気を付けながら様子を見ることになりました。慣れないドバイ暮らしから来るドバイ飽き飽き症候群だったりして??
冗談はともかく、海外での通院は何がタイヘンって、医療英語がサッパリ分かりません。技術系英語なら大丈夫なんですがねぇ...コレは、毎回引率している私にも結構なストレスです。我が家では英語は基本、私の担当なのですが、こと通院中においては元看護師である妻の方が単語の理解度が高いですなぁ。

それと、今回の検診は当地で加入している保険が利いているので大丈夫でした(自己負担は総額5千円ほど)が、全額負担だったら検診だけで軽く30万円をオーバーしています。コレ、ドバイでは人口の大多数を占めるブルーカラー出稼ぎさんたちにはとても払える額ではありません。ドバイにも国民健康保険制度は存在しており、市中のローカル病院で簡単な医療を受ける分にはほぼ無料なのですが、American Hospitalのような高級病院は一般保険の対象外なんです。我が家の場合は、こういう場合に備えて会社が民間の保険に加入しているので大丈夫だったのですが、ドバイの会社が皆こうだというわけではなく...多くの場合、ある程度以上の規模の会社以外は、出稼ぎさんたちのために雇用主が懐を痛めてまでこの種の保険に入るケースは皆無に近いです。

もちろん、金の問題ではありませんが、海外では怪我・病気をしないに越したことはありませんね。家族揃って健康第一、です。

<追記>
私自身も、ドバイに赴任早々、食事中に銀歯が外れ、それを飲み込んでしまいました(涙)。義歯については民間の保険も全く利かず、また当地にはセラミック義歯しか存在しないため日本の保険も対象外で、結局自腹で12万円ほど払ってドバイで歯を作ってもらいましたよ。たかだか歯を入れるために帰国するわけにもいきませんから...
[PR]
# by enjoydubai | 2008-02-06 03:41 | 日々の暮らし

管理人からお知らせ

趣味の話題(主にバイク)に関しては、別のBlogに場を移しました。

そちらはドバイ・中東の話題に限らず幅広く、偏見もあり、思い込みや勝手な言い分もありの何でもアリの方針で好き勝手に書いています。

自動車市場を学ぶ側面や、文化人類学的な側面からは全く見るべきものの無いオタク趣味ブログですが、お好きな方はぜひどうぞ。

http://dubairider.cocolog-nifty.com/blog/
[PR]
# by enjoydubai | 2008-02-03 04:29 | 日々の暮らし

アラブ女の子事情

日本に帰る前に「甥っ子や姪っ子にお土産を」と思い、ドバイのモールに買い出しに行った時のこと。

アラブ人は子だくさんで、かつ子供を大事にする(甘やかす)文化ですので、おもちゃ屋はどこのモールでも必ずデカイのが何軒も入っています。まぁ子供のおもちゃはどこの国でも大差なく、品揃え自体は日本でトイザらスに行くのと大差ありません。

甥っ子にはラジコンカーを。(ラジコンヘリ、とも思ったが我が弟の不器用さに配慮し見送り。上手く飛ばせないと、パパの面目丸潰れだもんね)
さて、姪っ子には...

まだ小さいので、お人形がいいかな?着せ替えモノはまだ早いかなぁ...などと奥様と相談しつつ見ていたのですが、ココでしか手に入らないモノを発見!

f0100050_005768.jpgバービーちゃんもどきの、アバヤバージョン!!これはちょっとレアかも。おままごとはパパ・ママの日々の暮らしをお手本にするのが基本だとすれば当然なんだろうけど、これはどうなんでしょう?
事実に忠実にと思えば、アバヤの下はバリバリに過激?いや、それよりもっと腹まわりに横幅を持たせないと!う~ん、それじゃアラブのお嬢ちゃんの夢を壊しちゃうか...
などと勝手に脳内ワールド全開にしてしまいましたが、それまでは「イスラム教徒は偶像崇拝禁止の教えの延長で写真に撮られることも嫌う人が多いし、アバヤを着たリアルな人形なんてどうなんだろうね?」と聞いていたので、こんなのがあるとはちょっと意外でした。結局、コレは買わずに「欧米仕様」のPOPなお人形を購入しましたよ。どちらも好評だったようです。

あ、この内容ではタイトルに偽りアリですね。なので追記。アラブの女の子は、10歳ちょっとくらいまでは普通に洋装です。「女の子の日」がやってきたら、アバヤに身を包んで家族以外の人前では顔や肌を隠すようになります。男の子たちは小学校に上がるかどうかぐらいでオバQになっちゃいますけど。UAEに暮らすアラブ人は南ヨーロッパの血が入っているので、アラブの女の子の顔や出で立ちは南欧の女の子たちに良く似ていますよ。
[PR]
# by enjoydubai | 2008-02-02 00:14 | 日々の暮らし

日本でリフレッシュ

休暇中は夫婦で日本に1週間ほど帰ってました。お嬢さん(ミニシュナ・3歳)はペットホテルでお留守番です。


今回の帰国の目的は久々に夫婦お互いの実家に顔を出すことでしたが、私の実家が九州・宮崎、妻の実家が静岡ですので、ほぼ日本を半周することに。実際、関空~羽田~静岡~羽田~宮崎~羽田~関空と、結構スゴい行程です。まるで、夫婦ともに大好きな「水曜どうでしょう」の「サイコロの旅」みたい。ならば、せっかくだから行程の宿は温泉宿で固め、途中で「どうでしょう班」が定宿にしている温泉宿にも泊まろうじゃないか、というコンセプトで帰国しました。特に我が奥様には初めての一時帰国。パーッといきましょう!

f0100050_4262470.jpgいやぁ、今回泊まった宿は「当たり」が多かったですよぉ。初日の「蒲田温泉」の黒湯から始まり(羽田近辺でもお湯が出るんですよ。オドロキ)、箱根、宮崎と温泉で連泊しましたが、最高に良い旅でした。

f0100050_4265772.jpg特に「どうでしょう班」イチオシの宮崎は綾の「酒仙の杜・綾陽亭」は料理も温泉も最高でした。自分の地元にこんなに良い宿があったとは...ちょっと値が張りましたが、十分に払う価値あり。唯一の心残りは、各部屋にある檜風呂が最高に良かったんだけど、前日に大浴場の方にばかり行きまくったおかげで、その最高の檜風呂を朝風呂のみにしてしまったこと。また行きたいなぁ。

f0100050_427496.jpg話が前後しますが、久しぶりに見る雪景色の箱根で妻が引いたおみくじは「大吉」でした。我が家の奥様のクジ運の悪さには定評があるのですが(私はかなりクジ運が良い...が、結婚した年には夫婦2人で揃って「大凶」を引いた。ある意味、スゴイ...)、一発で詳細も満点の大吉を引くとは!今年は良いことがありそうですなぁ。実は、奥様がヘンなのを引く事を予想して再チャレンジ用に次の100円玉を準備してあったんだけど、コレは内緒。

f0100050_4283422.jpgてなわけで、現在はドバイで平常運転に戻ってます。日本は良いなぁ、温泉があって...でも、我が家は今年もドバイで暮していきますよ。
[PR]
# by enjoydubai | 2008-01-26 04:20 | 日々の暮らし

冬休み、取ってます

11日早朝便で、妻と日本に里帰りします。
19日にはドバイに戻りますが、その間更新をしばらくお休みします。

今回は私と妻の実家、九州と中部を回るんでけっこう駆け足ですが、その間の宿は温泉宿で固めました。湯治に行ってきます。
[PR]
# by enjoydubai | 2008-01-10 22:06 | 日々の暮らし

番外編:空から見たドバイ

あけましておめでとうございます。本年も、超不定期更新の当ブログを宜しくお願い致します。

f0100050_4121214.jpgまだ紹介していませんでしたが、現在我が家から最も近所に位置する「Ibn Battuta Mall」。ココの店先には巨大な気球があるのは前々から知っていたのですが、実はコレ、乗れるのです。つい最近まで知らなかった。では、2008年の元旦、せっかくドバイに居るのですから、ひとつ乗ってみましょう!

f0100050_4154848.jpgモール内にあるチケット売り場でチケットを購入します。営業時間は朝7時~夜12時まで、夏期は朝晩のみの運行となります(暑いから)。定員は15名程度なので、購入時に時間を指定されます。大人ひとり60Dhs、子供30Dhsで、15分間の空中散歩に出発です。

f0100050_4185186.jpgでは乗船。私も気球は初体験...でも、「●●と煙は...」の例に漏れず、私は●●なので高いところは大好き。ワクワクしますなぁ。高度150mまで上がるそうで、乗ってる子供が早くも泣き始めましたが気球はグイグイと上がって行きます。

f0100050_4221831.jpgいやぁ、上空は爽快です。あっはっは、人がアリのようだ!!(古い...)
ドバイマリーナ方面には、高級分譲地である人工島・パームジュメイラが。ここから見ると、ちゃんとパームの形をしているのが確認できます。残念ながら、バージュ・アル・アラブはマリーナのビル群の陰に隠れてしまい目視できず。

f0100050_4244432.jpgこちらは、我々が働くJebel Ali Free Zone方面。奥様、旦那さんはあそこで働いているんですよぉ。

f0100050_4265641.jpgあっという間の15分間ながら気分爽快な空中散歩でしたが、その日の夕方。実は、この気球、いつもの散歩コースから見えていることが分かりました。

f0100050_428443.jpgコレ。
矢追純一さんの番組のUFO写真みたいですが...デジカメの最大望遠で捉えた映像ですので。実際は、もっとハッキリ見えましたよ。

ドバイには、こういう楽しみ方もあるのです。次回は、ぜひ夜に乗ってみたいと思います。
[PR]
# by enjoydubai | 2008-01-02 04:30 | ショッピングモール完全制覇

07年最後の更新?今年もお世話になりました

f0100050_4272363.jpg2007年も間もなく暮れようとしておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

我が家はドバイで2回目の正月を迎えますが、今年は自分にとってどんな1年だったかなぁ、と振り返るに、結構バタバタしたものの1年目に比べると成長を実感する部分が少なかったような。まぁ、もう成長うんぬんを語る歳でもありませんが、来年は気合いを入れ直して、より実り多い年にしたいと思います。

今年の冬休み(有給)は1月4日から2週間の予定。10日から嫁さんを連れて日本に帰ります。まぁ、駐在員の悲しきサダメ、休暇中もドバイに居る間はあれやこれやと仕事することになること間違いなしですが。

来年の中東は、2008年1月からのガソリン大幅値上げ(一気に2倍強に!それでも日本よりはまだ安いですが)から始まり、いよいよ不動産バブル崩壊の顕在化、インフレの進行、それに対抗する形でのディルハムの対ドル切り上げ...などなど、どうやら波乱含みの展開の予感がしてますゾ。

皆様も良いお年をお迎え下さい。
[PR]
# by enjoydubai | 2007-12-30 04:28 | 日々の暮らし

ドバイのクリスマス(2年目)

f0100050_284057.jpg12月も後半に入り、今が最高の海水浴シーズンという事で海岸線が欧州の観光客でごった返すドバイからこんにちは。
イスラム教徒は人前で肌をさらすことを良しとしませんので、このように海水浴に興じているのは皆異教徒でございます。日が暮れると海水浴客と入れ替わりでムスリム達が家族連れで夕涼みにやってきますが、日中の景色だけ見ていると、ココがイスラム国家であることを忘れそうです。

今年も、そんなドバイにクリスマスシーズンがやってきました。

f0100050_214136.jpgイスラム国家であるドバイでのクリスマスについては、このブログの過去ログ、ムスリムたちの、メリークリスマスを参照頂くとして、今年もあちこちでクリスマス装飾が見られます。
今回は妻とSouk Madinah Jumeiraに散歩に行ってきました。ココは古いドバイのスークを再現したテーマパーク的ショッピングモールなのですが、ココもクリスマス装飾になってますね。華やかながら、何だか風景のバランスが悪いような...

このスークについては、次回更新でもう少し詳しくお伝えします。

f0100050_2254951.jpgこの時期、マディナ・ジュメイラには奥様の格好の被写体が多数。撮りまくっています。
それにしても奥様は日々メキメキと写真の腕を上げ、ブログも写真ブログの様相を呈してきています。一緒に撮ったワタクシめの写真は、ブレブレのボケボケでした...
[PR]
# by enjoydubai | 2007-12-16 02:29 | 日々の暮らし

ドバイ観光シーズン到来

どうも御無沙汰していました。最近、とっても忙しいのですよ。
日々の仕事は、営業の皆さんほど深夜残業という訳ではないんだが、この季節はお客さんが多くって、週末も休めないことが多いんです。


f0100050_0351711.jpg12月2日は、UAEの建国記念日。ヒジュラ歴(陰暦)ベースで直前にならないと正確な日付が分らない他のイスラム休日とは違って、建国記念日は西暦ベースの休日です。この日は色んな所で祝賀行事が催され、道路にはUAE国旗をまとった車が出没し、国中がお祝いムードとなります。そして...
この建国記念日を過ぎると、気候も過ごしやすくなり、ドバイは観光シーズン突入です。そうなると、日本からも毎週のように出張者が訪れるようになり、我々駐在員は多忙を極めることになるんです。


f0100050_044132.jpg自動車会社の駐在員をやっていると、一番多くリクエストされるのが「砂漠ツアー」です。砂漠で人々がどんな事をしているのかを見せるには、もちろん平日ではNG。当然、休業日に予定を組まねばなりません。
まあ、多くの場合は、「ホテルでツアー会社に予約を入れて、一般客として行ってきたら?」としています。これは、別に引率するのが面倒くさいからこうしている訳ではなく、そうしないと「実際にどんな営業をしているのか」、「アラブ風のもてなし・砂漠の楽しみ方とは?」という、生の姿を見せることができないためです。
しかし、自動車会社である以上、中には「自分で実際に砂漠で運転したい」というリクエストも入ります。そうなると、会社の4x4をチャーターし、引率して行くしかありません。そして、私の週末は自動的に無くなってしまうわけですな。


f0100050_0494137.jpgそんな訳で、これから年明けの4月末位にかけてが、駐在員である私にとって砂漠で夕陽を見るチャンスの最も多いシーズンになるわけです。美しい...でも、家でゴロゴロしていたい...


f0100050_0523933.jpgそんな中、今週末は幸い予定が何も入っていない普通の週末だったので、妻を連れて観光がてらクリークの渡し船「Abra」に乗ってきました。
ドバイクリークの両岸には、古くから輸入品を扱う「Souk(スーク=アラビア語で市場の意味)」があり、現在もローカルのアラブ人が経営する個人商店が軒を連ねています。ドバイクリークは、もともとそうしたSoukに商品を供給する重要な海上交通の担い手として造られた人工の水路なんです。まぁ、現在では観光地的な色彩の方が強いが...このAbraは、ドバイクリークの両側を行き来する人々の足として現在も重宝されているんですな。運賃は、先日から2倍に値上がりしたとはいえ、1人1Dhs(30円)です。

いやはやドバイは娯楽が少なくって...最近では、どう週末を過ごすかが我が家の重大な懸案なのですヨ。もう見るべきところはほとんど見ちゃったしなぁ。週末になると私がバテ気味で動きが緩慢なのも問題ですが。
[PR]
# by enjoydubai | 2007-12-09 00:59 | 日々の暮らし