UAEの誇り、シェイク・ザイード

f0100050_4533467.jpgドバイの街を走っていると、あちこちでこんなモニュメントに出会います。

これは、2004年に逝去したお隣のアブダビ首長国の前首長 兼UAE前大統領、シェイク・ザイード。この前首長がどのくらい人々の尊敬を集めているか、ちょっと説明しておきます。
シェイク・ザイードは、71年のUAE建国後の初代大統領で、「建国の父」とも呼ばれている人。建国当時、漁業くらいしか産業の無かった貧しいUAEを、積極的な石油開発によって世界有数の豊かな国に育てたのはシェイク・ザイードの力によるもの、と言われています。この人の偉いところは、その利益を自国だけでなく周辺のアラブ国にも積極的に還元し、「皆で豊かになる」道を選んだこと。器の大きな人だったんだね。

f0100050_5134980.jpg写真は、ドバイ首長のムハンマド・ビン=ラーシド・アール=マクトゥーム(な、ながい...シェイク・ザイードのフルネームもホントは強烈に長いのだが)ドバイ前首長のマクトゥーム・ビン=ラーシド・アール=マクトゥームとシェイク・ザイードの肖像。ドバイの人々も、お隣のアブダビの前首長を尊敬していますよ!というわけ。アラブ諸国を訪問すると、同じように自国の首長がシェイク・ザイードと一緒に笑顔を浮かべる肖像をよく見かけるし、色んなところにシェイク・ザイードの名を冠した道路や街があるのです。

ヒゲのおっさんのムサい肖像、なんて軽々しく言ってはいけない。こういう歴史的な側面をキチンと理解することが、文化の理解につながるのですゾ。
[PR]
by enjoydubai | 2006-06-11 05:10 | 都市の紹介


<< まさに異国のサウジアラビア① アラブ恋愛事情① >>